寝太郎の趣味部屋

岩手人寝太郎の、日常の徒然を気ままに吟じます。

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 今日の日記(^^)b 12/20 ~応急救急講習会(^o^)丿~BLOGTOP » 雑感 » TITLE … 今日の日記(^^)b 12/20 ~応急救急講習会(^o^)丿~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の日記(^^)b 12/20 ~応急救急講習会(^o^)丿~

今日の盛岡....曇り後....

今朝の最低気温は氷点下5.5℃!!




日中の最高気温....0.0℃(;´∀`)




冬日ですよ~寒いですね~(-Д-)サムイネェ
午前中は立会いの為、むったりと現場で鼻水垂らしてましたが(笑)

午後からは.....






ずったりと応急救急講習会でした~(^o^)丿





屋内なので、寒くないのが◎です(爆)
外が全くわからない、研修室にての講習だったので、終了後外に出たら、真っ白けに積もってました。
それも気温が上がらなかった為に、雪質も乾いています。
おまけに、帰宅時は路面が結構ツルツルに~~~~(((;-д- )=3ハァハァ

でも、今回のスタッドレスはABSがガンガン効く停止時でも、しっかりと車速が落ちるんです(^^)b
クルマが多少滑りながらもしっかりと言う事を聞くので、前のBSレボ1の時に手に汗握って運転して
いたあの嫌な緊張感もなく安心して帰ってきました!!
明日の朝は、更に早起きしないとこりゃ~やばいな (。・x・)ゝ


と脇道にそれましたね(笑)

この応急救急講習会ですが、昨年に改定された『日本版救急蘇生ガイドライン』に沿って行われた
講習会であり、特にも新しい救命処置の理解に力点を置いた素晴しい内容の講習でありました。
やはり、救命処置ですから、うる覚えの知識ではなんの為にはなりません。
しっかりとした医学的根拠に基づいた蘇生方法を理解し、実践する事で身につける事が出来たのは
自分にとって最大の収穫だったと思います。

人工呼吸法にしろ、心肺蘇生法のうち、心臓マッサージ(胸骨圧迫法)にしろ、今までは率先して
行える知識は皆無でした。
もう、この講習会終了後から、道端で心肺停止に陥った方を見かけても勇気を持って蘇生に走れる
自信がつきましたもん(#^.^#)

もちろん、応急手当法もですから、止血法やその他の応急手当についても学びました!!
手足切断の際の止血の仕方等、もし偶然にも自分が大事故に遭遇してしまった場合の国際救助法に
基づいた処方の仕方もとっても勉強になりましたしね(☆∀☆)b






盛岡南消防署の救急救命士!!の方からみっちり座学を受けた後は、実習です(*^^)v
心肺蘇生法を各々じっくりとレクチャーしていただきました。

昨年からの変更点として....
?循環のサインの確認を不要とし、心肺蘇生法開始の判断を早める。
?口対口人工呼吸がためらわれる場合などには人工呼吸を省略して胸骨圧迫のみを行う。
?胸骨圧迫と人工呼吸の比率を、15対2から30対2に変更。

やはり、1分1秒蘇生法を早める事で、心肺もさることながら、脳の機能を少しでも救えますので
後遺症のない復帰を遂げる事が出来る訳です。





私達の勇気で処置を受ける方の復帰後が変わります!!





脳に血液が送られない状態(心停止)から1分で10%の細胞がダウン、3分で約50%がダウンする
そうです。
この数字を見ても、救急車が到着するまでの間にするべき事がいかに大切であるかがわかりますし
皆さんの家族(自分にとって大切な人)を守る上でも、絶対に覚えておかなければならない事であると
思いました。


ちなみに、たった2分間、4セット120回の胸部圧迫を行いましたが、汗だくでしたヽ(;´Д`)ノ





呼吸が停止し1分以内の蘇生法開始ですと、

すぐに蘇生する確立が高いそうです!!








そして、最近良く公共の場所でも目にしますし、マスコミ等でも取り上げられて来た....




AED(自動体外式除細動器)です!!





講習用の機械でしたが、実際に起動し、動かす事で正しい使用法、そして絶対にやってはいけない
注意点等学びました。

確かに、講習を受けなくても機械のアナウンス通りに操作する事で間違いなく作動は可能です。
ただ、使用場所や使用方法によっては、火傷や感電等事故の可能性もあります!!

残念な事に、AEDは万能ではありません。
放電前に自動で心電図を取りその波形を判断し、AED処置の是非を判断します。
既に波形が無くなっている(微細動がない)状態では、役目を果たす事は出来ません。
だからこそ、心肺蘇生法は基本であり大切なのだと痛感したわけであります。

ちなみに昨年からの変更点を追記しますと....
?AEDによる電気ショックの連続回数を3回から1回にするとともに、電気ショック後はただちに
胸骨圧迫を行う。

とあります(^^)b

この講習を受けたことで、普通救命講習(AED業務従事者)認定証をいただく....予定(^^)b

最後の小テストの結果次第ですけどね(;´∀`)・・・うわぁ・・・
一応、満点だと思っている超前向きな寝太郎でした(爆)


マラソン大会に参加するようになった寝太郎ですからね(^^♪
寝太郎の助けを借りる方が現れないよう祈るばかりです(^_-)-☆

って縁起でもない事言ってしまいすみませんですm(__)m





スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。