寝太郎の趣味部屋

岩手人寝太郎の、日常の徒然を気ままに吟じます。

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … ゼビオ猪苗代湖ハーフマラソンに行ってきた(`・ω・´) その2BLOGTOP » 今日のラン(^^♪~大会編~ » TITLE … ゼビオ猪苗代湖ハーフマラソンに行ってきた(`・ω・´) その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼビオ猪苗代湖ハーフマラソンに行ってきた(`・ω・´) その2



昨日の今日です(笑)
まだ記憶が新鮮なうちに振り返っておきましょうか(^^)b

レース当日...前日20時半頃には床についていたせいか
早朝3時過ぎの目覚ましで無事起床。
外はまだまだ闇の中、前日に大方の準備は済ませておいたので
自宅を出て盛岡インターから高速に乗ったのが、4時前でした。

確かにビッグイベントとは想像してましたが、先日の弘前・白神
アップルマラソンのきっちりとした運営を見せられていたことから
油断してしまったのかもしれませんね...
ハーフマラソンのスタート時刻は9時半、20分前には整列とのこと。
ま~安全を見て、8時には臨時駐車場に辿り着けば余裕かなと
朝4時スタートを考えました。
片道330キロ程度なので平均時速90~100キロで行けば
トイレ休憩も見込めるし、燃費運転にも繋がります(*^ー゚)b
実際、猪苗代磐梯磐梯高原IC到着予想も7時50分頃でしたが...

いや~全く持って油断でした(´-∀-`;)

今って観光地のIC出口って渋滞するじゃないですか!!
ご多聞に漏れず、ここ猪苗代磐梯高原IC出口手前から渋滞してます。
でも慌てても仕方ありません...
だって周囲のドライバーは同じジャージ姿の参加者なんですから(笑)
ICを出るのに20分...もうここからはスムーズだべ~って
一路、大会運営サイドから指定された臨時駐車場に向かいます。
臨時駐車場は、猪苗代スキー場ミネロです。
確かに、車で来る参加者は多いでしょうから、スキー場の駐車場に
臨時駐車場を事前変更したのは賢明でしょう。

でもね~国道115号線はスムーズでしたが、県道7号線に
入った途端、またまた渋滞です (。・x・)ゝ
ありゃ~なんか嫌な予感がしてきました。
だってこのときで時計は8時半です。


もう、スタートまで1時間だべや~!!


周囲の車も皆、焦りの色濃い運転になってきてます(((( ;゚д゚)))アワワワワ
そしてなんとかスキー場に向けて県道7号を右折...さ~て早く
車を停めなければ...

改善点①:駐車場までのルートは何本か事前案内しておいた方がいい


が!!



駐車場付近では、交通整理員が居るというのに駐車場に入りきれない
車が溢れている状態が~ ヽ(`д´;)/  うおおおお!?
もう、周囲は戦々恐々状態...
皆、車の窓を開け、交通整理員を怒鳴りつけてます。

寝太郎夫人も、窓を開け『ちょっと!何処に停めればいいのよ!!』
(#゚Д゚)!!だって...


思わず寝太郎が『落ち着け、交通整理員は本部から指示を受けないと
誘導できないんだから指示を待つしかない。みんな頑張ってるんだから!』
となだめますが...
その後、数十台以上...別の駐車場に誘導...いや皆、途中にあった駐車場に
勝手に向かい始めましたよ(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻

改善点②:臨時駐車場は1か所が溢れたからどうしよう
ではないだろ!何箇所か交通整理員を配置し、順次駐車場を
誘導するべきである。

↑運営サイドは参加人数を把握しているのだから、車両台数の把握は
可能な筈である。当然駐車場の対策はしなければならない。

もちろん、そこの駐車場はシャトルバスの発着所に指定されてません。
その後、本部から係員が来てシャトルバスを停めながら、臨機の
対応はしてもらいましたが...

改善点③:シャトルバスは循環にするべき!

なんとかシャトルバスに乗ったのが9時ですよ~
スタート30分前ですぞ( ; ゚Д゚)
ま~駐車場からスタート地点のカメリーナまで5分程度で
到着したんでまだ諦めずに受付に向かいましたが、正直、
8割方スタートできないと思いましたから...
シャトルバスに乗ってくるのは、前日受付を済ませ、
着替済みの方も多かったですし、応援の家族連れも多かったですね~
反面、寝太郎夫婦みたいに受付はがきを片手に怒りで顔面蒼白に
なっていられる方も多かったですが(((;-д- )=3ハァハァ

バスを降りてから受付まで100m程度...もちろんダッシュです!
受付からカメリーナ内にある更衣室までのなんと遠く感じることか...
ゼッケンを付けたり、どたばたと準備や着替えを済ませ、
手荷物受付に荷物を預けたのがスタート10分前...
寝太郎夫人と落ちあい、スタート位置に潜りこめたのが、
スタート5分前でした ヽ(`д´;)/
スタート地点の誘導や運営に関しては不満はございません。
かえって無事にスタート出来たのは、おかげさまだったと
思っていますm(_ _)m

ん!?ところでアップは???




全くしてまっせ~~~ん (。・x・)ゝ




スタート位置で、膝の屈伸とアキレス腱を伸ばしただけ~(爆)

でも、なんとかスタート出来るな~...

とはいえ、朝6時頃、車中でおにぎりを食べただけだったので、
お腹が減ってます。
いつもならスタート前にゼリーやsoyjoy等胃袋にエネルギーを
補うんですが全く持って時間なし...
半ガス欠状態でレースをスタートしなければならないし、
気持ちの切り替えも中途半端。

寝太郎夫人『あ~時計してくるの忘れた~バックに置いて来ちゃった( ; ゚Д゚)』

も~スタート前からやる気なしですよね(´ヘ`;)
どうなることやらこのレース...


h23,10,31猪苗代湖ハーフ完走証のコピー

~寝太郎~
種目 男子ハーフC 40~49歳
順位 エントリー663人中/273位

記録 1時間51分29秒
平均ラップ 5分17秒

~寝太郎夫人~
種目 女子ハーフC 40~49歳
順位 エントリー113人中/50位

記録 2時間06分23秒
平均ラップ 5分59秒

なぜか、寝太郎は2年ぶりの1時間51分台を出しちゃいましたヽ(´ー`)ノバンザーイ
自己ベストは無理でしたが...




2年ぶりに脚の痙攣無しですよ!!




それも痙攣の予兆もなくゴールまできっちりと完走出来たのは
ハーフでは初めてのレースです☆
ラスト5キロ、脚が重くなりペースアップは無理でしたが、
痙攣との戦いではなく、自分との戦いが出来たのはとても
嬉しかったですね~
いつもは、痙攣してしまい歩くことで心肺機能に余裕が
出ながらのゴールでしたが苦しさとの戦いで自分を越えようと
もがくことが出来たのは収穫でした。

もちろん、15キロまでは無理せず脚を庇って走ってましたけどね(^_-)-☆

こういったレースが出来るようになってくるともっと
冒険が出来るようになってくるんですけどね 。・゚・(ノ∀`)・゚・。

寝太郎夫人は、大好きな寒い中でのレースだったのにタイムが
伸びなかったのが不満だったみたいです。
途中でお腹が減りすぎて具合が悪くなったそうですし、やはり
アップをせずにスタートしたことも大きく響いてるんでは
ないでしょうかね~

ま~お互い、今週末の前沢ハーフで真価が問われることでしょうね(^_-)-☆

では、簡単に振り返りましょうか...

距離 ラップ 5キロスプリット      5キロ平均ラップ
1 0:05:30
2 0:05:06
3 0:05:07
4 0:05:06
5 0:05:06  0:25:55               0:05:11
6 0:05:12
7 0:05:10
8 0:05:17
9 0:05:13         前半10km
10 0:05:24  0:26:15   0:52:10       0:05:15
11 0:05:16
12 0:05:10
13 0:05:11
14 0:05:21
15 0:05:28  0:26:26               0:05:17
16 0:05:19
17 0:05:16
18 0:05:17
19 0:05:22         後半10km
20 0:05:18  0:26:32   0:52:58       0:05:18
21 0:05:21
21.0975 0:01:00
total 1:51:29

0:05:17

※一番の収穫は、前半の10キロと後半の10キロを1分以下の差で
カバーすることが出来たことですかね☆
目指すのは後半が速くなることですけどね(^_-)-☆

スタート後は団子状態でしたんで、約25秒程度のロスはありました。
それを抜くと5キロまでは新たに仕込んだターサー&CEPソックスの
おかげで脚の軽快感とで言うんでしょうか、思わず想定外
(マイナス10秒)のスピードで入ってしまってます。
慌てずに5キロの給水ポイントで一息ついてからはペースを
取り戻しました。
給水ポイントは『いろはす』のミニボトルのみ...
正直、紙コップの方が飲み易かったですね~ミニボトルならば
ミニボトルの有意性を考慮し、少し緩めたキャップを装着したままの
方が、持ちながら走れる便利さがあったのかもしれません。
(飲みたいときに飲める)

改善点④:給水は紙コップの方が飲み易い。(ミニボトルの場合は上記のとおり)

もちろんゴミの問題が出てきますけどね。
8キロと10キロ以降は軽いup-downの揺さぶりでタイムが若干
落ちてます。
無理にペースを維持しようとはせず走りやすいペースで!を心がけて
走りました。
12キロ以降は寒さ風のせいで、体感でも余計に脚が止まってきたのが
わかりました。
前半の汗が冷やされるんですよね~猪苗代湖に近づくにつれ、風の影響が
大きくなります。
気温はスタート時11度前後と、曇り空も相まってパフォーマンスはあまり
良くなかったかもしれません。
15キロの給水ポイントには驚きましたね~なんと水が
無いんです(#゚Д゚)ゴルァ!!
飲めないスポンジ水しかないんだからたまりません。
行き8キロと戻り15キロ地点が同じ交差点なんですが、8キロと
10キロで給水が用意されいた分、10キロ地点では補給せずに
スルーしましたからこの15キロ地点に水が無いのには困って
しまいました。

改善点⑤:8キロ地点の給水は15キロ地点と一緒にするべき。
10キロコースと混同したくなければ、給水ポイントを車道両側にする等
考慮すべきである。天候が良ければ熱中症の危険性が大きく危険であった!


寝太郎夫人は、空腹感を水で補おうとしていたため余計にショックが
大きかったそうです。
18.5キロ以降は猪苗代湖畔の散策道?サイクリングロード?に
入りますが、残り5キロ以降は田沢湖マラソンやアップルマラソンみたいに
『あと5キロ』からのカウントダウン表示があった方がギャラリーの応援も
さることながらランナーはより鼓舞されるんではないでしょうか。
なんか殺風景な湖畔の寂しい雰囲気や寒さも相まってもうすぐゴールという
気持ちが盛り上がりませんでした。

そうですね~コースに関してですが、磐越西線を越えてからというもの、
田んぼの真ん中とか自分みたいな田舎者(笑)には身近すぎてあまり
テンションが上がらないルートの連続で正直面白みは少なかったです。

あれ...レース自体を振り返るつもりが愚痴っぽくなっちゃったね~
こんな振り返りは初めてだよね(´ヘ`;)

さて、脚の痙攣は全く持って起きる気配はなし!!
脚は重く、腿が上がらない。
しかもばんばんに張ってきている...いつもならここからピクついて
くるのにその気配が無いんだからね~...





恐らくCEPランニングO2
スポーツソックスのおかげかもしれません(*^^)v

↑もう少しデータ取りしてみないと断言できませんけどね(^_-)-☆




いずれゴール前数百mでスパートをしながらゴールを切ることが
出来たんですからね~でも、相当に苦しかったけど...
( >Д<;)クッ クルシイ・・・

そしてゴール!!

ゴール後は、ボランティアの高校生から大会提供のヒートX
ブランケットを被せてもらえます。
寝太郎がゴールしてから15分後、寝太郎夫人のゴール...
でも、ブランケットがあっても寒いのなんの~((´д`)) ブルブル…
だって、ゴール地点の野口英世記念館で預けた手荷物を受け取って
着替えが出来ると思ったら、そのままでシャトルバスにてスタート
地点まで送られるそうだ...

ん???





なんで野口英世記念館がゴールなの???




なるべく観光地を見せたりとてんこ盛りのコース設定なんだろうが
あまり意味を持っているコースとは思えません。
最初の猪苗代町繁華街の中の方が声援や笑顔の温もりがあって気持ち
よかったな~観光よりも復興の一端を担いに来たつもりなので、
そういった触れ合いの方が嬉しかった気がします。

いずれゴール地点でのすったもんだも相当なもんでした。
周囲からは呆れの声が上がってます。
皆、相当に我慢してましたよね...
だってランパンランシャツの方達もブランケット1枚で、30分以上も
雨がぱらついてくる中、寒風にもまれてましたもん。

改善点⑥:このレースに限って、スタート地点とゴール地点は一緒にすべき。
雨が降っていたらゴール地点は更に混乱していた。


シャトルバスへの誘導方法も間違ってましたね~
結局途中から、寝太郎夫人に愚痴っていた方法に切り替えてましたけど...
誰が考えても、1台のシャトルバスに選手が満載になってから次のバスへ...
って何千人もの人間を列に並ばせ1か所で乗せるなんて呆れます。
あの場所のキャパシティなら3か所での乗車が可能です。
人数をカウントし、列を制御すればいいんですからね。

汗が冷えた体をシャトルバスに預け、一路スタート地点のカメリーナに...
そこからは集約している大会運営に助けられ、ようやっと生きた心地が
しました。
選手以外にも皆さまに振る舞われた豚汁で冷え切った心も体もやんわりと
ほぐされた気がしましたし、やはり会津と言えば手打ちそば!
選手には温かい手打ちそばが振る舞われました。




いや~お世辞抜きで抜群に
美味しかったです!!





たっぷりのねぎの香りに負けない、そばの風味。
そして出汁...
磐梯町そば協会の皆さまのおかげで胃袋は大満足(笑)
ありがとうございましたm(_ _)m

本日のエントリーの目的でもあった、13時半からの東京マラソン
チャレンジランナー抽選会でしたが...
なんか気持ちが乗らずにスルーして帰って来ちゃいました。
何せ、その閉会式兼抽選会に出た後は臨時駐車場までのシャトルバスや
駐車場から高速道路に乗るまでの大渋滞等安易に予測できたので
パスです。

逆に言えば、それだけこの大会に対して大いに白けてしまったんですね。

でも、パスしても猪苗代磐梯高原IC入口は混雑し、国道交差点まで渋滞が
出来ていたんで、閉会式後に帰られた方、よっぽどだったのではないでしょうか。
いずれ、気がついた改善点を列挙してみましたが、ほかの細かい点は
手打ちそばや豚汁等、大会運営側とは違う、地元ボランティアの皆さま方の
温かいもてなしと相殺させていただきます。

以上の話を信じるか信じないかは...
貴方次第...(´∀`)9 ビシッ!


今回のレポはあまりにも気持ちや行動に余裕が無かったため、
画像が無いです (。・x・)ゝ
大会規模は小さくローカルな大会が多い、地元岩手の大会ですが
満足感は今大会に比べて大いに上回ります。

今週末の前沢ハーフがとても楽しみになってきましたよ(*^ー゚)b
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

*** COMMENT ***

NO TITLE

お疲れ様^^いろんな意味でお疲れ様ですね!!

寝太郎さん一人の感想かと思って、RunNetを見ましたが、ほとんど同じような酷評ですね!!給水場に水がないと言うのには呆れてしまいました。参加賞のブランケットも終盤では安物に変わっていたとか!?ホント、お疲れ様です・・・

第1回の大会だから、いろいろあるんでしょうが、参加人数を把握してたんでしょうかね・・・第1回といえば、京都マラソン・・・こちらは、抽選延期です。私呆れて、しらけてます・・・・ここでこんなこと書いても、主催者は見てないでしょうね・・・大会終了後、改善のために、アンケートとか実施する大会ってないですよね〈多分)

来週も連走ですか!!頑張ってくださいね!!

来年はやっぱり仙人峠ですね。
大会が継続すればの話ですが♪( ´▽`)

大変でしたね

私も一度だ経験がありますが、時間に追われるとヤル気もなくなりますね。
でも最近痙攣が減ってきたんじゃないですか?
久しぶりに買ったランナーズにフォアフット走法に変えて痙攣しなくなったという体験談が載っていますね。

To かとやんさん

あれだけ走る前から疲れたのは東京マラソン以来です(笑)
でも、満足度が雲泥の差ですからね~

runnetの感想にもあるとおりですよ(^^)b
あの感想はあくまで表に出てくるだけ、そう氷山の一角だと思ってもやぶさかでは無いと思います。
もちろん、参加出来るだけ感謝の気持ちを持って...とも思いたかったんですが、その割には業者の出入りが多かったり、イベント的要素もかなりクローズアップされてましたから余計に厳しく見させていただきました。
もっと地元や復興が表に出てくれると皆さんの表情も和らぐと思うんですけどね(^_-)-☆

あらら~京都マラソンやっちゃってますか(-_-;)
やっぱり地元のローカル大会が一番気楽で気持ちよく走れるのかな~
な~んて思ったいい勉強になった大会でありました!

前沢→宮古→かっぱ

頑張りまっせ!!

To shizuさん

今年も仙人峠にエントリーしようとしてたんですが...
東京マラソンへの出場権という人参に釣られました(;^ω^)
いい教訓になりましたよ~
来年は100%仙人マラソンです!!(断言)
更に評判が良かったみたいですからね~いいな~(*^ー゚)b

To hockeさん

もしかして湘南マラソンのときでしたっけ!?
やはりビッグイベントは想像も尽かないエントリー人数ですもんね~

そうなんですよ~
痙攣がね~どうかしてきたんでしょうか(笑)
実は、ターサーで走ると自然に着地が前寄りになるんです。
まだまだミッドフットやフォアフットにはなりませんが、いつものヒールストライクより前寄りになってます。
もしかしたらターサー(ヒールクッションが少ない分、本能で調整しているのかも)のおかげかもしれません。
それに、岩本氏の本を読みながら少し意識している分もありますしね(^_-)-☆
いずれ、これからの大会でどうなるかですけどね...


COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。